2014年10月25日

【お前だよ!お前!!】Node.js express!!

びじゅチューン!」の「ムンクの叫びラーメン」がお気に入りの息子。
いいのか!?本当にそれでいいのか!?息子よ!!!
嫁のやってしまった感が半端ないジャンボです。


mongoDB を勉強していく中で、やっぱりアプリとの連携が気になるジャンボさん。
mongoDB は Node.js との相性が良いとの事。

開発メーカーが同じとかそんな訳でもない中、
相性が良いってどういう事だろうね?

多分、mongoDB は BSON でデータのやり取りをしているので、
変換が少ない JavaScript で処理される Node.js が
パフォーマンスを一番生かせるって事なのかしらん?

だれか、分かっている人がいたら教えてください。


まあ、とりあえず、参考スクリプトも Node.js が殆どな訳で、
とりあえず、自分も触ってみようと思った訳です。

特に起動ユーザの制限とかは無いはずなのだけど、
特に理由が無ければ root で実行した方が良いですね・・・。

最初は nodejs という専用のユーザで動かそうとしたのですが、
色々と挫折しました・・・(汗

HTTP通信は通常は 80ポート を使用するのですが、
80ポートは特別なポートで、rootユーザじゃなきゃ起動できない。
この時点で詰みなのですが、他にも・・・

npm でインストールしたモジュールを読み込もうとしたら、
権限エラーで開けないエラーが多々。
(一通り権限を与えてみたのですが、その先の呼び出しモジュールが失敗したとかで、
何に権限を与えれば良いのか把握しづらい)

うーん・・・いらん所で色々と躓きました。


何よりも express お前だよ!お前!

Node.js にもフレームワークがあり、
その現行のデファクトスタンダードっぽいのが express というフレームワークです。
とりあえず、色々な書籍では、コイツを入れるのが前提のが多いです。

ただね・・・書籍で紹介されているのは epress 3.X 以下が多いのよ。
現行の最新版は 4.9.0 なのね。
メージャーバージョンが変わっている事からわかる通り、もはや別物。

書籍や色々なサイトの情報が役に立ちません。



express をインストールし、
当該のフレームワークを使ったプロジェクトは express コマンドで生成・・・
なのですが、express コマンドなんか、どこにもできない。

4.X からは、
express コマンドは「express-generator」に独立しました。

そんな訳で、上記も必要になるんですね。

で、できた express プロジェクトを起動しても、
エラーの連続。

色々と別途ライブラリを使用しており、
少なくとも自分は下記ライブラリをインストールする必要がありました。
 ・serve-favicon
 ・morgan
 ・cookie-parser
 ・body-parser
 ・debug

そして何よりもね・・・
"起動後「http://localhost:3000/」で確認できます。" が
全くできないのに一番躓いた。

起動コマンドも 4.X から変わっていて、
"node app.js" → "npm start" になってた。

えぇぇぇぇぇ・・・。


もう、4.9 って9回も最低マイナーバージョンアップしてるのに、
殆ど情報が無いのは何故〜?



posted by ジャンボ at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記:PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/407755539

この記事へのトラックバック