2014年09月04日

【事前登録しておけば良かった】白猫プロジェクト

最近、やっている仕事は ASP.NET と JavaScript。
他のメンバーは全員PHP。
いくらなんでも、単独プレイすぎね?ジャンボです。


前にもちょこっと触れましたが、
白猫プロジェクト」面白れぇ。

「黒猫のウィズ」は飽き飽きしてたし、
CMがいかんせんイラッとしてたので、完全にスルーしてたんですが、
紹介文に "本当のRPG" の文字があるのに気付いてから気になって、DLしたら、大ハマリ。


魅力自体は「開発者のインタビュー」とかを見るのが、
一番伝わるので、自分が気になった特徴をつらつらと・・・。


やってみて思うのは、
「本当にスマートフォン向けに丁寧に作られたRPGだなー」って事。

なんといっても、一番の特徴はUIの「ぷにコン」なのですが、
上記をはじめ、とにかく、ボタンを極力減らすのに注力していると思います。

RPGといえば、「道具」や「必殺技」とかは欠かせない要素。

多彩な「道具」や「必殺技」を用意して、スクロールで選ばせるとかありがちなんですが、
「道具」ボタンとか、あんな小さな画面でいちいち選んでらんない。
だから、「道具」要素はガッツリカット。
(ルーンっていう道具はありますが、これは、お金に近い要素です)

「必殺技」も2種類までにしたって決断が画期的で、
欲を出して4,8方向のフリックで出し分けるなんてやろうものなら、
誤爆してイライラする事この上なし。

今の所、出そうと思った必殺技を間違えるなんて事はあまりなく、
すごいスムーズに進めることができます。

「道具なし」で回復とかどうすんのよ?って思うかもしれませんが、
そこは「回復の必殺技」を持ったキャラがいるんですね。
しかも、ガチャで引けなかった人への救済策として、
ちゃんとストーリ序盤に仲間になるヒロインが使える。
これで、無課金でも手詰まりなんて事は無いんですよね。


個人的に「考えてるなー」と思ったのは「協力プレイ」です。
これは、友人とリアルタイムで進めるクエストなんですけど、
スマートフォンなので、途中で通信が切れるなんて事は良くあるんですね。

ここで、普通なら「回線が切断されました」ではい、終了〜。なんですが、
「白猫プロジェクト」はそんな事はないんです。
そのまま、友人のキャラはNPC扱いになって、ソロプレイで続行されるんです。
これには、思わず「おおっ」と叫んでしまいました。
これのあるなしで、ゲームに対する印象が大きく変わります。


データは基本的にクエスト開始時に全部読み込むみたいで、
クエスト内のフィールド移動時に通信は基本発生しません。
そのため、移動中に「通信中...」のまま待たされるイライラもないです。

とにかく、今まで色々なスマートフォンのRPGに手を出して、
イライラしていた部分が解消され、
凄い痒い所に手が行き届いている気がします。
相当、企画段階での検討やデバッグをしないと出来ないだろうなと、感心するばかりです。

今後、入れてほしいなーって要素といえば、

 ・ギルド要素
   基本的にソーシャルな部分はフォローによる友人登録のみです。
   クエスト時にNPCとして同行してくれるみたいな。
   せっかく、ソーシャルゲームなのだから、もう少し他者とのかかわり要素が欲しい。

   ギルドを組んだギルド戦とか、
   フレンド同志なら武器やキャラの交換が可能とか(バランス調整が糞難しくなりますが)、
   そんなやつ。

 ・課金効果
   「黒猫のウィズ」もそうなんですけど、
   この会社のゲームって基本、課金の魅力が薄いんですよね・・・。
   ガチャっても、そこまで画期的に魅力のあるものが無いので、
   課金してまで更に回したいって気が起きにくいです。
   (「黒猫のウィズ」程じゃないですが、レアリティが高い物があまりに出にくい)

   課金専用のレアガチャとか用意すれば良いのに。
   イベントで限定チケットが手に入って、そのチケット専用のガチャとか。
   そうしたら、限定チケットの大量GETのために、課金して、イベントも盛り上がりとか。

   とにかく、課金したい!って気を起きさせる要素が少なすぎる気がします。


そんな感じです。
ともかく、フレンド募集中。


posted by ジャンボ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー:ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404888588

この記事へのトラックバック