2006年06月27日

【やっとこさレビュー】サンライズ英雄譚3

Macのハードディスクの初期化をしていたら、
思っていた以上に時間がかかり、OSの再インストールが未実施。
俺の今のMacはCDブート・・・orz KNOPPIXかよっ!?
ちょっと頑張ってPCトークをしてみたジャンボです。



さて・・・実は結構前に買って、プレイしていたのですが・・・

サンライズ英雄譚3
サンライズ英雄譚3 (σ・∀・)σゲッツ!!



■ストーリ■
    場所は惑星サンライズ。そこで冒険家を目指す主人公ショーンは、思わぬ
   トラブルで大陸間を移動するクラウドシップの中に迷い込み、艦をコント
   ロールしているアンドロイドのメアリと出会う・・・。

■基本的なゲーム内容■
    一応、「サンライズ英雄譚2」の続きっぽいのですが、2の出来事は3では
   現在で言うところの第2次世界大戦みたいな昔の出来事となっており、
   あんまし繋がりは無い模様。
    ジャンルは「RPG」なんですけど、基本はクラウドシップを利用するために
   運送屋になってしまっているので、「運送の依頼を受理→配達」の行動を
   航海計画を組みながら進めていく「運搬シュミレーションゲーム」の要素が
   強いです。
    また、登場する英雄はあくまで「英雄」であり、スパロボのように「共に
   仲間となって戦う!」というよりも、(主人公を含めた)市民を助けてくれる
   という意味合いが強くなっています。

□参加作品(=英雄達)□
   ・無敵ロボ トライダーG7
   ・最強ロボ ダイオージャ
   ・戦闘メカ ザブングル
   ・装甲騎兵ボトムズ
   ・機動戦士Zガンダム
   ・蒼き流星SPTレイズナー
   ・機甲戦記ドラグナー
   ・絶対無敵ライジンオー
   ・新機動戦記ガンダムW
   ・勇者王ガオガイガー



-- ここから、ちょっとネタバレ --



・・・さて・・・なんで、こんなにレビューを書くのが遅れたのかと言いますと・・・
ストーリが無いんです orz
ちょっと、ストーリが進んでから書こうかなと思っていたら、ちっとも進まない。

 ゲーム期間はどうやら2年間だったみたいなんですけど、
1年目を突破した辺りでもストーリらしいストーリが出てこない。
つーか、最終日直前まで無い orz

何故かいつの間にか決まっていた、クラウドシップの運用期間。
期間最終日にいきなり暴走をはじめるラスボスの配下の3人。
その直後、いきなり主人公と遭遇・・・orz
配下の3人を倒した後、何故か私闘をしようと言い出すラスボス。
そして警察に出頭するラスボス・・・orz

なんじゃこりゃ。

不評に不評だった「サンライズワールドウォー」で許せたジャンボさんでも、
こ れ は ひ ど い
と思わず言いたくなりました。

ちなみに、マルチエンディングとありますが、これは一番仲の良かった作品の
英雄がメインとなって駆けつけてくれるという仕様。
簡単に言えば、マルチエンディングであってマルチシナリオじゃない。
つまりね・・・イベントのフラグによる変化じゃないの。
つーか、英雄がからむイベントが皆無 orz

ちなみに、「仲間というより英雄の要素が強い」とありましたが、
これは英雄達はあくまで主人公を一市民として見てるためなのです。

例えば、明らかに主人公の方が強くなっているのにも関わらず、
自分よりも弱い英雄に

「危ないから、君は帰艦しなさい。」

とか言われる始末。
お前はスーパースターマン(from とってもラッキーマン)かい・・・。

しかも、英雄達は目立たない裏方はお嫌いな模様。
「あの敵を倒してください」という要求には「よっしゃ!」と答えるが、
「艦を守るほうに回ってください」という要求は「ディフェンスか・・・」と
かなり不満気味。
アンタ、ますますスーパースターマンだよ・・・orz

正直、ここまでガイ兄ちゃんに殺意を覚えたのは初めてだ。



えっと・・・このゲームのいい所・・・?
・・・ああ、運送は面白かったね。
羽振りの良い仕事を探して、効率の良い航海計画を組むの。
報酬とそれまでの燃料費を考慮したり、
配達期間と艦のダメージ修復の割合を考えたりね。

・・・ん?
そうか・・・こう考えると良いのか・・・
「サンライズ英雄譚3」は「運送屋シュミレーションゲーム」と!!



・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・



なんか悲しい。
posted by ジャンボ at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー:ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック